仮想通貨において最も注意しなければならないのが「コインの盗難」ですが、しっかりと二段階認証(2FA)のセキュリティ対策はしていますか?

取引所に置いていたら「いつの間にかごっそり送金されていた…」なんていう事件が冗談抜きで増えていますから、「自分は大丈夫!」と安易に考えずできる対策は済ませておきましょう。

アプリインストール後、QRコードを読み込むだけの簡単設定なので30秒もあれば完了します。併せてバックアップも忘れずに!

二段階認証とは?

取引所にログインする際はメールアドレス+ログインパスワードの入力が必要となりますが、さらにアカウントのセキュリティを強化する「確認コード」を追加することで、取引口座の安全性をより高めるために導入されている仕組みです。

国内の取引所では「SMSメッセージ・認証アプリ・電話認証(自動音声認証コード)」の3種類の二段階認証が主に使用されており、中でも最もスタンダードな方法が認証アプリです。

設定しない理由が見つからないくらい大事なセキュリティ対策なので、必ず設定しましょう。

機種変更・紛失する前に準備しておくこと

認証アプリを使った二段階認証で最も利用されているのが「Google Authenticator」です。

QRコードを読み取るだけなのでとても簡単に各取引所の設定ができ、大変便利ではありますが1つだけ欠点があります。

残念ながら「Google Authenticator」はバックアップができません。

そのため、機種変更や突然の紛失、故障に見舞われてしまうとログインできなくなってしまいます。

二段階認証は強固なセキュリティ対策ではありますが、スマホ1台に依存してしまうというデメリットもある為、万が一を考えあらゆる備えをしておくことをオススメします。

機種変更

機種変更する前は必ず取引所にログインし、二段階認証を一度解除しておく必要があります。これを忘れてしまうとログインできなくなるので、その後の手続きが少し面倒です。

取引所に問い合わせると本人確認後1~2営業日内で解除してくれますが、無駄に時間が取られてしまうので注意しましょう。

国内の取引所は1~2日間と短期間で解除してくれますが、海外の場合はサポート要員が不足している為か「1週間~数ヵ月経っても連絡が来ない」というケースも実際にあるそうです。

こうしたトラブルを回避するためにも、二段階認証のバックアップはできる限り取っておくのが賢明ですね。

各取引所の解除・設定方法は下記リンクをご参照ください。
・Zaif(ザイフ)二段階認証設定・解除方法
・bitbank(ビットバンク)二段階認証設定・解除方法
・BitTrade(ビットトレード)二段階認証設定・解除方法
・GMOコイン二段階認証設定・解除方法

複数台にインストール


各取引所で二段階認証QRコードを読み取る際、複数の端末で同時に読み取っておくと、どちらか一方が使えなくなったとしても予備のスマホからログインできます。

読み取るQRコードは同じものですから、当然表示される6桁の数字も同じです。

この方法は結構多くの方が実践しているので、もし余っている端末があればアプリをインストールし設定しておきましょう。

画像キャプチャ or QRコードを印刷

二段階認証を設定をするときは必ずQRコードを読み取るのですが、その際表示されたQRコードを「画像キャプチャ」または「紙に印刷」しておくことで、後から他の端末を使って何度でも読み取ることが可能になります。

ただ、QRコードのデータや印刷した紙が何らかの形で外部に流出してしまった場合は、盗難のリスクが一気に高まるので金庫に入れ厳重に保管するか、画像閲覧時にパスワードをかけるなどの対策が必要です。

その他のセキュリティ対策

フリーのWifiスポットには繋がない


街のあちこちにフリーのWifiスポットが存在していますが、取引所にログインしたり仮想通貨取引する際の利用は絶対に避けましょう。

あくまでも「フリー(無料)」ですから、どこで誰が情報を抜き取っているか分かりません。

実際に利用してしまったが為に、秘密鍵やログインID、パスワードが盗まれて仮想通貨を失った人が存在します。

また、海外では正規のフリーWifiスポットの近くで、そっくりの名前を使って独自のWifiを飛ばし、アクセスしてきたユーザーの情報を取得して、スマホに登録されていた電子マネーを盗むという犯罪が多発しています。

「海外の話だから…ここは日本だし…」という考えは危険ですから、決して油断しないようにしましょう。

仮想通貨の投資・管理は完全自己責任なので、法定通貨のように銀行が保証してくれたり、法律で守ってくれる保障はどこにもありません。

個々で未然に防ぐ対策意識と努力が必要です。

ブラウザにパスワードを保存しない

ブラウザのパスワード登録機能はとても便利なツールですが、ウィルスが侵入しハッカーによって情報を吸い上げられると、最悪そのまま取引所のログイン情報まで奪われることになります。

いくら二段階認証を設定しているとはいえ「100%安全なセキュリティシステム」とは断言できませんから、念には念を入れ取引所ログインのパスワードは保存しないでおきましょう。

ブルートフォースアタック(暗号解読方法のひとつ:総当たり攻撃)と呼ばれる方法でも突破される可能性もありますし、Gmailの二段階認証を突破されInstagramのアカウントをハッキングされた人もいるので、セキュリティ面において完璧はありません。

異なるパスワードを使用する

仮に5箇所の取引所で口座を開設している場合は、必ず全て異なるパスワードで設定します。

同一のパスワードで設定していると、もしハッカーにパスワードが破られた時、芋づる式に他の取引所口座まで被害を受けるリスクが高まります。

二段階認証の確認コードですら30秒毎に切り変わるのですから、任意で変更しない限り変わらないログインパスワードこそ、全ての取引所で異なるものを使うべきですね。

まとめ

どこまで行っても尽きないセキュリティ対策ですが、何もしないのとしているのでは雲泥の差が出ますから、個人でもできる最低限の設定は必ずしておきましょう。

資産が盗まれてからでは遅いですからね。

データ上に存在するだけの仮想通貨ですが、紛れもなくお金であることには変わりません。

額が大きくなればなるほど失った時のショックも損害も大きいですから、保有額が10万円を超えた辺りからハードウェアウォレットに移して保管しておくことをオススメします。

関連記事;Ladger Nno Sは公式の正規代理店で購入しないと危険!?

初心者におすすめの取引所

仮想通貨は複数の取引所を開設しておく事がとても重要です。

①取引所によって取り扱う仮想通貨が変わるから。

②取引所によって仮想通貨の銘柄の手数料が異なります。これにより目的の銘柄によって取引所を変える事でお得に取引ができます。

③仮想通貨はハッキングなどのリスクもあり、1つの取引所より複数で売買する方がリスク分散になる。

このような理由からも、取引所の開設自体は完全無料なので、複数開設していた方が安心・安全です。

1位:bitbank(ビットバンク)


・仮想通貨の取り扱い銘柄が多く、アルトコインの手数料が安い!
・日本でも人気のリップルを購入するならビットバンクがおすすめ!
・2019年1月4日まで取引手数料無料のキャンペーンを実施中!
・セキュリティー対策をしっかりしている
・100を超えるテクニカル分析ができる

2位:BITpoint(ビットポイント)


・証券会社レベルの強固で安心なセキュリティ
・取引画面が見やすくて使いやすいので初心者にもおすすめ!
・現物取引手数料が無料!

3位:Zaif(ザイフ)


・ビットコインがマイナス手数料で安い!
・安定派におすすめの定期積立ができる!

おすすめの記事