bit Flyer(ビットフライヤー)の登録方法を、図解説付きで説明します。

すべて合わせても10分かからなかったので、かなり簡単に登録できましたね。

公的な本人確認書類が必要となる為、予め免許証・銀行口座情報などを用意しておくとスムーズです。

メールアドレス登録

まずはbit Flyer(ビットフライヤー)の公式ページにアクセスします。

赤枠で囲んである箇所にメールアドレスを入力し「アカウント作成」をクリック。

※メールの設定によっては「迷惑メールフォルダ」に振り分けられてしまったり、遅延の可能性があります。

私は初めYahoo!メールで登録したのですが、何分経ってもメールが届かなく(ネット環境?不具合?)迷惑メールフォルダにも入っていなかったため、諦めてGmailで登録することにしました。

すると一瞬で返信メールが届き、無事メールアドレスの登録が完了。
(Yahoo!メールは結局2時間遅れくらいに届いていました…)

なので、あまりにも遅い場合はアドレスを変えて登録してみましょう。

受信メールのURLをクリック、もしくはキーワードを入力

メールアドレスを入力して送信すると上記画面が表示されます。

青枠の箇所に「キーワード」と表示されていますが、特に入力する必要はありません。

受信したメールを開くと確認用URLが記載されているので、キーワードを入力しなくてもメール本文の赤枠で囲んだ↓「リンクURL」をクリックするだけで確認作業は終了です。

ちなみに、返信メールはこんな感じです。

【メールタイトル】

【メール本文】

「キーワード、bitFlyerログイン用メールアドレス、初回パスワード」はログイン時に必要となるとても大事な情報ですから、必ずどこかにメモして、メールは削除することなく保存しておきましょう。

取引時確認

メール本文のURLをクリックすると上記画像が表示されますので、4つの項目をよく読み、チェックマークを入れて「bitFlyerをはじめる」をクリック。

続けて、取引に必要な項目を入力していきます。画像の赤枠部分をクリック。

個人情報を入力する画面が表示されますので、氏名、生年月日、性別、住所、郵便番号、電話番号等を漏れなく記入。


入力した情報に間違いがなければ「ご本人情報を登録する」をクリック。

本人確認書類の提出

本人確認の書類は以下のいずれかを写メに撮って、送信します。

・運転免許証(表・裏)
・パスポート(顔写真面と所持人記入欄(住所記載ページ)の 2 ページ)
・個人番号カード(マイナンバー通知カード(※顔写真の入っていないカード)は本人確認資料として受付不可)
・住民基本台帳カード(表・裏、顔写真必須)
・各種健康保険証・共済組合会員証(カード型健康保険証)
・各種健康保険証(紙型健康保険証)
・各種年金手帳(厚生年金、国民年金、共済年金等)※平成9年以降発行の年金手帳は住所の記載がないため受付不可
・各種福祉手帳(住所、氏名、生年月日)
・印鑑登録証明書(発行日から 6ヶ月以内のもの)
・在留カード(表・裏)
・特別永住者証明書(表・裏)



私は免許証を持っていたので、表面と裏面をスマホで写メし提出しました。

取引目的等の確認

本人確認書類を送信し終えたら、取引目的等の確認をします。

ほんの数秒で終わりますから、入力してしまいましょう。

銀行口座情報の入力

現在持っている、該当する銀行口座情報を入力します。

入力情報に誤りがなければ「銀行口座情報を登録する」をクリック。

この画面が表示されたら、ひとまず入力完了です。

転送不要書留郵便

入力後、数日~1週間程度で「簡易書留・転送不可郵便」が届きますので、必ず受け取りましょう。
私の場合、申し込みからちょうど1週間目に届きました。

ハガキ受け取り後ビットフライヤーの管理画面にログインすると、「取引時確認手続きがすべて完了」という表示が現れ、これで無事仮想通貨の売買ができる状態となります。

まとめ

以上が、bit Flyer(ビットフライヤー)の登録方法でした。

お疲れ様でした。

身分証と銀行口座・スマホを用意しておけば、かなり簡単に登録が終わります。

それでは、最後までお読み頂きありがとうございました!

初心者におすすめの取引所

仮想通貨は複数の取引所を開設しておく事がとても重要です。

①取引所によって取り扱う仮想通貨が変わるから。

②取引所によって仮想通貨の銘柄の手数料が異なります。これにより目的の銘柄によって取引所を変える事でお得に取引ができます。

③仮想通貨はハッキングなどのリスクもあり、1つの取引所より複数で売買する方がリスク分散になる。

このような理由からも、取引所の開設自体は完全無料なので、複数開設していた方が安心・安全です。

1位:bitbank(ビットバンク)


・仮想通貨の取り扱い銘柄が多く、アルトコインの手数料が安い!
・日本でも人気のリップルを購入するならビットバンクがおすすめ!
・2019年1月4日まで取引手数料無料のキャンペーンを実施中!
・セキュリティー対策をしっかりしている
・100を超えるテクニカル分析ができる

2位:BITpoint(ビットポイント)


・証券会社レベルの強固で安心なセキュリティ
・取引画面が見やすくて使いやすいので初心者にもおすすめ!
・現物取引手数料が無料!

3位:Zaif(ザイフ)


・ビットコインがマイナス手数料で安い!
・安定派におすすめの定期積立ができる!

おすすめの記事