BITpoint(ビットポイント)の口座開設方法と本人確認登録の流れ、審査日数や二段階認証の方法を画像付きで解説します。

いつまで開催しているかは分かりませんが、キャンペーン期間中に申込み~入金(いくらでも可)までの条件をクリアすると、後日3,000円分のBTCがプレゼントしてもらえるので、まだ口座開設していない方はこの機会を逃さないように!

登録に必要な物は、本人確認書類(スマホで写メ)とメールアドレス、銀行口座の3点だけですから、数分もあれば入力は完了します。

それでは早速、手元に用意して始めてみましょう。

口座開設申し込み

まずはBITPoint(ビットポイント)の公式サイトにアクセスします。

赤枠で囲んである「今すぐ無料口座開設」または「3,000円相当のBTCをプレゼント!」いずれかをクリック。(どちらでも構いません)

ガイド・規約類への同意

入力ページは1ページのみとなりますので、上から順番に該当項目を埋めていきましょう。

「外国の重要な公人(外国PEPs)とは」と、普段聞き慣れない言葉かと思いますが、9割以上の方は当てはまることはないと思いますので、「はい」にチェックマークを付けてもらえば大丈夫です。
※詳細な説明は該当ページのリンクから確認できます。

氏名・性別・国籍・米国納税義務・生年月日・住所・電話番号・メールアドレス・出金先金融機関を入力。

下記赤枠内の赤文字でも記載されているように、取引サイトにて注文・出金等に必要となる重要な取引暗証番号となりますので、必ずどこかにメモして忘れないようにしましょう。

「勤務先名称」の欄には、明確な業種と名称を記入するようにしてください。後述しますが「個人事業主」と記載すると、確認のため審査が遅れてしまいますので要注意です。

職業・年収・金融資産・投資経験・取引契約の主目的・申し込み経緯・同意書の欄を入力。

レバレッジ取引・ビットポイントFX取引を行う場合は、チェックを入れ「確認画面」ボタンをクリック。

申込み内容確認

今まで記入した内容が確認できますので、特に間違いがなければ「本人確認書類」のアップロードへと進みます。

本人確認書類アップロード

本人確認書類の提出方法には3種類ありますので、ご自身で持っている書類をアップロードしましょう。

顔写真付き本人確認書類

運転免許証(表裏両面)
運転経歴経歴証明書(2012年4月1日以降のものに限る:表裏両面)
パスポート(顔写真入りページと住所記載ページ)
住民基本台帳カード(顔写真付きものに限る:表裏両目)

上記いずれかの書類を赤枠で囲んである「本人確認書類の選択 表面」「本人確認書類の選択 裏面」の両方にそれぞれをアップし、「アップロード」ボタンをクリック。

顔写真なし本人確認書類

顔写真なしの本人確認書類提出の場合は、下記の【A】+【B】の組合せの中から可能です。

ABそれぞれに書類をアップし、「アップロード」ボタンをクリック。

【A】
各種健康保険証(表裏両面)
介護保険証等健康保険証
各種年金手帳
母子健康手帳
児童扶養手当証書
各種福祉手帳

【B】
公共料金(固定電話・電気・ガス・水道・NHK)いずれかの領収書
国税、地方税の領収書
社会保険料の領収書(国民年金保険料の領収書や健康保険料の領収書等)
納税証明書
住民票の写し(本籍地の記載は不要:発行後3ヶ月以内)
印鑑証明書(発行後3ヶ月以内)

外国籍の方

外国籍の方は以下のいずれかになります。

在留カード(表裏両面)
特別永住者証明書(表裏両面)

「本人確認書類の選択 表面」「本人確認書類の選択 裏面」の両方にそれぞれをアップし、「アップロード」ボタンをクリック。

無事アップロードが完了すると下記画面が表示されます。

申し込みが終了すると、登録したメールアドレス宛に「【BPJ】ビットポイント総合口座開設申込受付のお知らせ」というタイトルでメールが届きます。

あとは審査が終了するまで数日~1週間前後待ちましょう。

審査日数と期間は?

やはり申し込み終了後気になるのが、審査期間だと思います。

先ほども少し記載しましたが、私の場合「勤務先名称」の欄に「個人事業主」と記載してしまったがために、大幅に審査が遅れてしまいました。

どうやらもっと具体的な内容が欲しかったみたいです。

登録してから1週間ほど待っていたのですが、一向に何の連絡もないため「混み合っているのかな?」と思い、さらに+3日、トータルで10日ほど待ってみました。

ビットポイントから受信するメールは早い段階で受信設定を行い、完全にフォルダ分けしていました。

当然迷惑メールフォルダにも振り分けられておらず、「さすがに届かないのはおかしい!」と思い電話で問い合わせてみたところ、「お客様の勤務先名称の確認に不備がございましたので、担当者から既にメールをお送りさせて頂いております」という返答が!

「・・・いやいや、なんにも届いていないんですけどー」と正直かなり驚きましたが、このまま口座が開設できないのは嫌なので、口頭にて不備の部分を伝え無事に解消。

結局、入力項目の不備+新規申込者が殺到していた時期と重なってしまったようで、電話で問い合わせてから10日後「ビットポイント総合口座開設通知​送付のお知らせ」メールが届き、その3日後『ビットポイント総合口座開設完了のお知らせ』のハガキが届きました。

申し込みをしてから合計23日間!長かったです…。

おそらく特に混み合っていなくて、登録内容に何の問題もなければ、遅くても1週間前後で開設が完了するものと思われます。

もし申込みをしてからある程度日数が経過したにもかかわらず、何の音沙汰もない時は、申込み自体が受理されていない可能性も考えられますので、即電話で問い合わせることをおすすめします!

二段階認証

ビットポイントでは残念ながら、認証アプリでログインできる「Google Authenticator」や「IIJ SmartKey」には対応していない為、メールでの二段階認証となります。

まずハガキが届いたら、初回ログインパスワードを使ってログインします。

管理画面右上の「ユーザー設定」をクリックすると、二段階認証の設定を行うことができるようになります。

初期状態は「種類」の欄に何もチェックは入っていませんが、セキュリティを高めたい場合には全てにチェックマークを付ける事をおすすめします。(後から何度でも変更可能)

通知方式は「メール通知」もしくは「SMS通知」から選択することができます。
「メール通知」=申し込み時に登録しておいたメールアドレス
「SMS通知」=申込時に登録した携帯電話番号

入力が完了したら、一番下までスクロールし「登録」をクリック。

一度ログアウトして、確認してみましょう。

ログインIDとパスワードを入力し、「ログイン」をクリック。

二段階認証ログインの画面が表示されるので、「認証番号取得」をクリック。

下記画像が表示されたら、登録したメールアドレスまたは携帯電話のSMSにパスワードが送られてくるので、先ほどの「認証番号取得」下の欄に4桁のパスワードを入力し、「ログイン」をクリック。

以上の流れで無事、二段階認証を経てログインできたかと思います。

他の取引所は認証アプリを使ったログイン方法がメインなので、ビットポイントの二段階認証は若干の使い辛さはありますが、それでも自分の大切な資産を守るためには必須ですから、必ず設定しておきましょう。

まとめ

ビットポイントの登録フォームは縦に1ページだけなので、非常に分かりやすい作りになっています。

入力項目に間違いや不備さえなければ口座開設自体は簡単なので、くれぐれも私と同じような過ちは犯さないように気を付けてください!

また、冒頭でも話しましたが、キャンペーン期間中に登録し、条件を満たすと(期間内の申込+金額問わず入金)、3,000円分のBTCをプレゼントしてもらえるので、登録がまだの方はこのチャンスを逃さないように早めの登録をおすすめします。

初心者におすすめの取引所

仮想通貨は複数の取引所を開設しておく事がとても重要です。

①取引所によって取り扱う仮想通貨が変わるから。

②取引所によって仮想通貨の銘柄の手数料が異なります。これにより目的の銘柄によって取引所を変える事でお得に取引ができます。

③仮想通貨はハッキングなどのリスクもあり、1つの取引所より複数で売買する方がリスク分散になる。

このような理由からも、取引所の開設自体は完全無料なので、複数開設していた方が安心・安全です。

1位:bitbank(ビットバンク)


・仮想通貨の取り扱い銘柄が多く、アルトコインの手数料が安い!
・日本でも人気のリップルを購入するならビットバンクがおすすめ!
・2019年1月4日まで取引手数料無料のキャンペーンを実施中!
・セキュリティー対策をしっかりしている
・100を超えるテクニカル分析ができる

2位:BITpoint(ビットポイント)


・証券会社レベルの強固で安心なセキュリティ
・取引画面が見やすくて使いやすいので初心者にもおすすめ!
・現物取引手数料が無料!

3位:Zaif(ザイフ)


・ビットコインがマイナス手数料で安い!
・安定派におすすめの定期積立ができる!

おすすめの記事