GMOコインの口座開設登録方法を、図解説入りで説明します!

申込みの入力自体は本当に簡単で5分もあれば済みますから、メールアドレスと公的な証明書だけ準備しておきましょう。

メールアドレス登録

まずはGMOコインの公式サイトにアクセスします。

赤枠で囲んである「無料口座開設」をクリック。

GMOコイン

メールアドレスを入力し、「私はロボットではありません」にチェックを入れ、緑色ボタンの「無料講座開設」をクリックします。

ネットの通信環境やメールソフトに不具合がなければ、ほぼ送信ボタンをクリックしたと同時に返信のメールが届きます。

万が一受信ボックスに届いていない場合は、迷惑メールフォルダに振り分けられている可能性もあるので、一度確認してみましょう。

いくら待っても届かない場合は、メールアドレスを変えて登録してみるのも一つの手です。

登録したメールを開くと赤枠で囲んであるようなURLが記載されていますのでクリック。

すると、パスワード・パスワード(確認)を入力する画面が表示されますので、入力して「設定する」をクリック。

今後ログインする際に必ず必要になりますので、忘れないようにメールアドレスパスワードはメモしておきましょう。

完了すると下記のような画像が表示されますので、「ログイン画面へ」をクリック。

個人情報・確認書類の提出

メールアドレスとパスワードを入力して、さっそくログインしてみましょう。

ログインすると自動的に下記画像(3/31迄のキャンペーン)が表示されるので、「口座を開設する」をクリックします。
(※3/31までに口座開設すると「20,000Satoshi」(200円)分のビットコインがもらえてしまうので、キャンペーン期間中に登録してしまうことをオススメします!)

「Satoshi」等のビットコインに関する詳しい単位説明はこちら↓
関連記事:ビットコイン初心者はいくらからの投資がおすすめ?わかりやすく解説!

個人情報の登録

氏名、生年月日、性別、郵便番号、住所、電話番号等を漏れなく記入します。

取引を行う目的、職業、国籍、※米国納税義務、※外国の重要な公人(※の説明は該当項目横のリンクをご参照ください)、キャンペーンやコラム情報、規約への同意(7項目)をよく読み、同意するにチェックを入れ、確認画面へをクリック。

入力内容を確認して、間違いがなければ確定をクリックします。

本人確認書類の提出

本人確認方法は①or②、好きな方をお選びください。

どちらを選択しても申し込み後、簡易郵便(この受け取りは本人じゃなくても可)によるハガキが登録した住所に届きますので、「先にWEB登録時に提出する」か「ハガキ受け取り時に本人確認する」かの違いです。

郵便配達員の方に身分証を見せたくない方は、WEB登録時に提出してしまいましょう。

本人確認の書類は以下のいずれかを写メに撮って、送信します。

【WEBアップロード】
・運転免許証(表・裏)
・個人番号カード(マイナンバーカード)
・各種健康保険証(表・裏)
・パスポード(日本国籍の方のみ)
・住民票の写し
・在留カード(表・裏)
・特別永住者証明書(表・裏)

【対面(受取時本人確認)】
・運転免許証
・個人番号カード(マイナンバーカード)
・パスポート
・在留カード
・特別永住者証明書

 
私は運転免許証で申請しました。

スマホの写メ機能でピントを合わせ、表と裏を撮るだけでOKです。あとは「表面・裏面の画像を選択」をボタンをクリックして、それぞれをアップロードして「画像を確定する」をクリック。

 
アップロードが無事終わると「本人確認書類のアップロード完了」という画面が表示され、これで口座開設の入力作業は一旦終了です。

この時点ではまだ「仮口座」となるため、仮想通貨の取引等はできません。

登録までの時間と期間は何日間?

登録までの時間は5分もかからないぐらい、とても簡単なものです。

審査期間は通常は1〜2営業日となっていますが、遅い場合だともう少しかかることもあるようですね。

無事審査に通ると「口座開設審査完了」のメールが来て、その後「口座開設のお知らせ」が登録住所した届きます。

中身はこんな感じですね。

記載された赤枠内の口座開設コードを、管理画面ログイン後に入力すれば完了となります。

ここまでの期間は早ければ1週間ぐらいですが、混み合っている場合は10日間ぐらいかかることもあります。私はまさに込み合ってて、受け取るまでに10日かかりました。

まとめ

元々本人確認書類(運転免許)の写メを撮っておいたので、本当に5分もかからずに登録作業が終わりました。

「仮口座」開設までに必要なものは、スマホと本人確認書類の2点だけですから、物凄く簡単です。

キャンペーン期間中に口座開設するだけで、およそ「200円分のビットコイン」(変動による)を付与してくれるので、もらえるものはもらっておきましょう。

初心者におすすめの取引所

仮想通貨は複数の取引所を開設しておく事がとても重要です。

①取引所によって取り扱う仮想通貨が変わるから。

②取引所によって仮想通貨の銘柄の手数料が異なります。これにより目的の銘柄によって取引所を変える事でお得に取引ができます。

③仮想通貨はハッキングなどのリスクもあり、1つの取引所より複数で売買する方がリスク分散になる。

このような理由からも、取引所の開設自体は完全無料なので、複数開設していた方が安心・安全です。

1位:bitbank(ビットバンク)


・仮想通貨の取り扱い銘柄が多く、アルトコインの手数料が安い!
・日本でも人気のリップルを購入するならビットバンクがおすすめ!
・2019年1月4日まで取引手数料無料のキャンペーンを実施中!
・セキュリティー対策をしっかりしている
・100を超えるテクニカル分析ができる

2位:BITpoint(ビットポイント)


・証券会社レベルの強固で安心なセキュリティ
・取引画面が見やすくて使いやすいので初心者にもおすすめ!
・現物取引手数料が無料!

3位:Zaif(ザイフ)


・ビットコインがマイナス手数料で安い!
・安定派におすすめの定期積立ができる!

おすすめの記事