仮想通貨で最もメジャーなのはビットコイン(BTC)ですが、他にも仮想通貨があることはご存知でしょうか?

ビットコイン以外の仮想通貨を総じて「草コイン(アルトコイン)」と呼んでおり、現在その銘柄は1,500種類を超えています。

ハッキリ言って1,500種類はあまりにも多過ぎて、もはや1つ1つのコインに価値があるのかないのか正直分かりません。

どこの誰が発行したか分からないコインがおそらく9割以上占めていますから、一度も高騰することなく消えていく方がはるかに多いことは間違いないでしょう。

ただ、ビットコインも初めは1コイン1円以下と、恐ろしく安い値段で購入できた草コインの1種類でしたから、まだ芽を出していない他の草コインにも当然希望はあります。

しかし希望はありますが、発行している企業の背景と信頼性・将来性が不透明過ぎると、かなりギャンブル性の高い投機先になってしまいますので、草コインの購入には特に注意が必要となります。

「人生一発大逆転!」のハイリターン狙いで考えている人には、宝くじ感覚で購入してみる価値はあるかも知れませんが、あくまでも自己責任でお願いします。

今回はそんな「草コイン」について色々解説していきます。

マイナーでハイリスクな仮想通貨「草コイン(アルトコイン)」

草コインとは英語で「Shit Coin(糞コイン)」と呼ばれる仮想通貨です。

「Shit」というのは英語のスラングですが、日本に渡ってきたときに「Shit」が日本のネットスラング「w(草⇔糞)」に置き換えられ、「草コイン」と呼ばれるようになりました。

ネット上ではよく「笑」の略称として「w」がよく使われていますが、このwwwwwが沢山あると「草」が生えているように見える事から、草コインと表現されるようになったんですね。

価格はそれこそピンキリで、1コイン=1円未満から購入することができますし、非常に安価なため大量に且つ何十~百単位の銘柄を同時に保有することも可能です。

しかし、将来性の見えない仮想通貨銘柄だからこそ、価値がタダ同然になってしまうことも十分考えられるため、非常にハイリスクなコインとも言えます。

数ヵ月~数年後にビットコインのように大化けすれば、一瞬にして「億り人」なんていうのも夢ではありませんが、そのコインに何の裏付けもなければ、ただの「電子屑」、夢で終わる可能性の方が高いです。

現在基軸通貨として使われているビットコインですら価格が乱高下し、まだまだ安定しませんから、草コインに至っては主要銘柄を除いて、安定性・安全性・通貨の価値、どれをとっても不安要素しかありません。

草コインの探し方と将来高騰するコインの見分け方


それでは実際に草コインの探し方と、無価値にならないであろうコインの見分け方を解説していきます。

まず草コインの定義についてですが、明確に「コレ!」といったようなものは決まっていません。

強いて言えば、アルトコインの中でも時価総額の低いマイナーなコインのことを指します。

「価格帯は1コイン=10円以下」「ギャンブル性が高い」「目的や誰が作ったのか?など、よく分からないコイン」といった条件が揃うと、一般に草コインとして位置付けられます。

そんな玉石混合の草コインですが、将来高騰しそうなコインの見極め方法が1つだけ存在します。

それが、徹底した「情報収集」です。

草コイン探しにおいては、このリサーチが全てと言っても過言ではないくらい、重要な割合を占めます。

冒頭でも少しお話しましたが、1,500種類以上ある草コインを1種類ずつ地道に細かくリサーチしていくことでしか、将来期待できるコインかどうかを判断する方法はありません。

逆を言えば、しっかりとリサーチさえすれば「ハズレくじを引かなくて済む!」ということにもなりますので、無闇やたらと購入して損をするよりは、少しでも時間を使って自分の知識にしながら購入した方が、トータル的に見てもかなり建設的です。

独自の視点と考え方で、草コインに対しての目利き力が付くわけですから。

何事も努力なくして成功はありません。

それでは、具体的なリサーチ方法をご紹介しきます。

草コインの価格、値動きをチェック

草コインは値動きが激しいので、小まめにチェックする必要があります。

リサーチするのにおすすめなのは「コインマーケットキャップドットコム」です。

実際にサイトを見てもらうと分かりますが、リアルに種類が多過ぎるため表を見たと同時に、1種類ずつリサーチしていこうという気持ちが折れると思います。

現在でも種類があり過ぎるくらいなので、ある程度国を挙げて規制していかないと、今後さらに無価値なコインが増えていくことでしょう。

とはいえ、このサイトを使えばビットコインや草コインを含め、世界中の仮想通貨の価格を調べ・比較することができるので、将来お宝コインとなる銘柄を発掘したい方は活用してみてください。

ツイッターやSNSの口コミをチェック

ツイッター等のSNSで、仮想通貨に精通しているインフルエンサー(影響力を及ぼす人)の口コミをチェックするのも有効な手段です。

フォロワーが何万人~何十万人といる場合、意外とその人の発言1つで値動きに影響しなくもないので、ある程度「大物」とされている人物をフォローしておくのは、貴重な情報源となり得るので結構大事です。

なので、コインマーケットキャップドットコムで期待できそうな草コインを見つけたら、値動きをチェックしつつ、ツイッターなどの口コミ情報も参考にして、それからそのコインが「買い」かどうか?を見極めていくのが、初心者でも簡単にできる方法です。

あくまでもこの段階がスタートであって、追って通貨の発行を行う企業の情報や、将来性・業務形態・付加価値・他社との提携などなどの情報を加味し、必ず会社の背景まで調べるようにしましょう。

決して「○○さんが上がるって言ってたから!」と、他人任せのギャンブルにしてはいけません。

有望草コインの見つけ方

ここでざっくりとですが、将来期待できるであろう草コインの見つけ方をご紹介します。(くれぐれも購入するかどうかは自己責任でお願いします)

①価格が安いこと(1コイン=10円以下が目安)
②その中でも時価総額300位以内のものに絞る(できれば100位以内)
③流通量が少ない(希少価値が高まる可能性があるため)
④イナゴタワー(「価格が急騰しその後一気に暴落している」という極端なチャートの形状)の銘柄は避ける

これらを1つの指標とし、先ほどの会社背景等も併せてリサーチすることで、全くのハズレコインを購入する確率はかなり低くなるはずです。

例え失敗したとしても自分で調べて購入を決断したわけですから、それが「実力だった…」としてある程度諦めることができるでしょう。

正直、2018年に急騰する銘柄の草コインは誰にも分からないので、明言は避けますが、あえて予想するなら以下の3つですかね。

HTMLCOIN(HTML)

公式サイト:https://www.htmlcoin.com/
総発行枚数:900億HTML

ビットコインのProof of Stake(PoS)と、イーサリアムのEthereum Virtual Machine(EVM)を統合した、ハイブリッドブロックチェーン技術を使用して開発。

仮想通貨ランキング上位1~2位の通貨で使用されている技術であるため、これは安全面においても大いに期待できる技術と言えるでしょう。

他にも「Project P.O.M.A」というプロジェクトがあり、これは簡単にオンラインショッピングや企業サイトが作れてしまうプラットホームで、その中の決済としてHTMLCOINが利用されるため、間違いなく広まっていくと予想されます。

ただ、発行枚数が900億と他の通貨に比べて多いので、希少価値としては劣りますね。

Binance Coin(BNB)

公式サイト:https://www.binance.com/
総発行枚数:2億BNB

取引量で世界4位、24時間当たりの取引量で1位に輝いたことのある、仮想通貨取引所が発行しているコイン。

通常時(0.1%)ですら安いバイナンスの手数料が、Binance Coinを使用すると0.05%まで割引されるため、バイナンスを利用しているユーザーの多くに購入されています。

また、現在全てのBinance Coin2億枚は発行済みで、バイナンスは4半期毎に取引所利益の20%分のBNB買い戻しを実行しており、最終的には50%に当たる1億BNBになるまで買い戻しを行う予定としています。

市場への供給量が減って需要が増すということは、自然にコインの価値が上がっていくと予想できます。

Counterparty(XCP)

公式サイト:https://counterparty.io/
総発行枚数:264万8,755XCP

ビットコインのブロックチェーン技術を使用しているため、高いセキュリティ性と安定感を実現。

PoB(Proof of Burn)というシステムを採用しており、これはビットコインを誰も使用できないアドレスに送金(burn:燃やす)する代わりに、264万8,755XCPを発行するという内容であり、開発者のさじ加減1つで通貨の分配が行われるといった不公平さを排除しています。

そのため、参加者・開発者ともに公平に通貨が配布されています。また、保有しているXCPを使用できなくする(burn)ことで、独自のトークン(独自貨幣)を発行することも可能です。

国内では唯一、Zaifの取引所で購入することができます。

いずれもランキング300位以内と、コインの背景や実需が期待できる要素を含んでいるため選んでみました。

さらなる詳細は各仮想通貨のホワイトペーパー(草コインの企画や構想、また技術的な内容)https://www.coinjinja.com/で調べてみてください。

草コインを買うには仮想通貨が必要


さっそく「草コインを買ってみたい!」と思ったかもしれませんが、その前に仮想通貨取引所に口座はお持ちでしょうか?

基本的に草コインと呼ばれる仮想通貨を購入するためには、ビットコインなどの主軸となる仮想通貨が必要になります。

今のところ草コインは海外発祥の銘柄ばかりで、おまけにそれらを取り扱っている取引所が海外限定となるため、日本円から直接買うことができない仕組みとなっています。

簡単に仮想通貨購入までの流れを説明すると、日本円から直接購入できる仮想通貨の場合を円建て」
「円」⇒「BTC・XRP・ETC・LTC」(円建て)

ビットコイン(BTC)等、別の仮想通貨を介さないと購入できない場合を「BTC建て」という風に呼びます。
「BTC」⇒「草コイン」(BTC建て)

多くの草コイン購入時はこの「BTC建て」となるため、予め仮想通貨取引所に口座を持ち、BTCを所有していないと草コインを買うことができません。

手順としては以下の3ステップになります。

少し面倒くさいですが、このワンクッションを挟んで初めて草コインの取引ができるようになります。

国内の仮想通貨取引所に登録

まずは日本の仮想通貨取引所に登録・口座開設して、円から主軸の仮想通貨(BTC等)を購入します。

国内で有名な仮想通貨取引所は以下の7つ。

bitFlyer(ビットフライヤー)
Zaif(ザイフ)
GMOコイン
Bittrade(ビットトレード)
bitbank(ビットバンク)
BitPoint(ビットポイント)
DMMビットコイン

これらの取引所で口座を持つと、ひとまず草コイン購入に必要な仮想通貨(BTC)を保有することができます。

※2018/4月現在の時点では登録申し込みが増えてきているため、登録手続き後の確認書類の送付が遅れているようです。

取引できるようになるまで1週間以上かかる場合もありますので、1秒でも早く草コインを購入したいという方は、即口座開設手続きを済ませておくことをおすすめします。

海外の仮想通貨取引所に登録

草コインを扱っているのは主に海外の仮想通貨取引所になるため、海外の仮想通貨取引所にも口座を開設する必要があります。

おすすめの海外の仮想通貨取引所は…

BINANCE(バイナンス)
CoinExchange(コインエクスチェンジ)

公式サイトは英語表記ですが日本語に変換することもできるので、登録自体はそれほど難しくありません。

バイナンスは身分証の提出をしなくても200万円までの取引をすることができるため、草コイン購入までのハードルはかなり低めです。

国内の口座から海外の口座へ送金・草コイン購入可能に

日本の仮想通貨取引所でBTCなどを購入し、海外の口座へ送金すると、いよいよ草コインの取引を開始することができます。

草コインは海外がメインと言いましたが、それでも1,500種類全てを扱っている取引所はまずありませんので、予め登録する海外の取引所で取り扱っている銘柄をチェックしておき、その後深くリサーチしていくと購入までスムーズに行うことができます。

今まで銀行間のやり取りでしか送金経験のなかった人にとっては、仮想通貨の送金作業はとても新鮮に映るかも知れません。

特に仮想通貨は銀行と比べ土日や祝日、時間外といった概念が存在しないうえ、手数料も数十円単位と驚くべき安さです。さらに、送金スピードの速い通貨に至っては、ものの数分で着金してしまうほどです。

今後価格が安定し始めたら、法定通貨以上の利便性が見込まれますので、世界中で仮想通貨の利用が普及し始めている理由が分かります。

まとめ

草コインは高騰すれば大きな利益を得ることができる「夢と希望」が詰まったコインには間違いありません。

しかし、投機性・ギャンブル性が非常に高いため、最悪「0円になっても構わない」という気持ちと、必ず余剰資金で購入することが大切です。

当然ながら投資は、勝っても負けても完全自己責任の世界です。

頭を抱えながら毎日チャートを見て、一喜一憂していては精神が持ちませんから、もし草コインを購入するのであれば長期保有の「ガチホ(ガチホールド)」にして、数ヵ月~年単位で放置しておくのが気持ち的に楽かと思います。

また、海外の取引所では公式サイトそっくりの偽サイトも確認できていますので、必ず公式のURLをブックマークし、そこからログインするようにしてください。

仮想通貨の盗難事件が国内外問わず多く発生していますから、資産を築く前に守る対策も並行して進めていきましょう。

初心者におすすめの取引所

仮想通貨は複数の取引所を開設しておく事がとても重要です。

①取引所によって取り扱う仮想通貨が変わるから。

②取引所によって仮想通貨の銘柄の手数料が異なります。これにより目的の銘柄によって取引所を変える事でお得に取引ができます。

③仮想通貨はハッキングなどのリスクもあり、1つの取引所より複数で売買する方がリスク分散になる。

このような理由からも、取引所の開設自体は完全無料なので、複数開設していた方が安心・安全です。

1位:bitbank(ビットバンク)


・仮想通貨の取り扱い銘柄が多く、アルトコインの手数料が安い!
・日本でも人気のリップルを購入するならビットバンクがおすすめ!
・2019年1月4日まで取引手数料無料のキャンペーンを実施中!
・セキュリティー対策をしっかりしている
・100を超えるテクニカル分析ができる

2位:BITpoint(ビットポイント)


・証券会社レベルの強固で安心なセキュリティ
・取引画面が見やすくて使いやすいので初心者にもおすすめ!
・現物取引手数料が無料!

3位:Zaif(ザイフ)


・ビットコインがマイナス手数料で安い!
・安定派におすすめの定期積立ができる!

おすすめの記事