仮想通貨業界もコインチェックの盗難事件からセキュリティー体制など、金融庁もいろいろとチェックするようになってきました。

その中で、今回は金融庁が仮想通貨取引所に対して2社に業務停止命令と5社に業務改善命令が出されました。

今回は金融庁もかなり大がかりで立ち入り検査をしたようで、今後の動きとかもさらにありそうですね。

特に2社に対しての業務停止命令は重い処分でもあるので、どういった理由や原因でそうなったのか気になるところですよね。

そこで、今回は業務停止命令を受けたビットステーションとFSHOの評判や業務停止命令の理由と原因について調べてみました。

ビットステーションとFSHOが金融庁から1ヶ月の業務停止命令

ニュースやTwitterなどでもかなり話題になっていますが、この2社が業務停止命令を受けました。

2社とも1ヶ月の業務停止命令を受けましたが、最近の注目と金融庁の動きからも、そろそろ指摘されてもおかしくないと思っていたところでした。

私は2社とも知らなかった取引所ですが、他にもいろいろと問題のある取引所は多そうですね。

ビットステーションの業務停止命令の理由と原因とは?

ビットステーションでは、100%株主であった経営企画部長が、ユーザーから預かったビットコインを私的に流用していた事実が認められたとしており、利用者財産の管理および利用者の保護等に関する措置に違反するものとして、3月8日~4月7日までの業務停止命令と、利用者財産の残高確認・照合、移動・処分、利用者財産を適切に管理するための体制整備など、業務改善命令を発出した。

このニュースを見る限りでは業務停止命令は当然ですよね。

ただ、これで1ヶ月だけ済むんだなとかはちょっと思う部分ではありますね。

しかも、ビットステーションはみなし業者なので、金融庁から正式な認可を受けていない状態です。

NEMの盗難事件で問題となったコインチェックもみなし業者でした。

ちなみに、みなし業者:金融庁は許可してないけど、運営はできる状態である業者のことです。

今後は刑事告訴に発展するのではと言われているようなので、今後の動きに注目したいところですね。

仮に1ヶ月で業務停止命令が解除されたとしても、今後は信用問題など厳しそうですね。

ビットステーションの評判や私的に流用に関して

このニュースを見る限りでは私的に流用したビットコインは弁済したとありますが、そういう問題ではありませんよね。

顧客の資産を勝手に使える内部管理が大きな問題であり、そういった管理体制の会社を利用しようとは思いません。

ビットステーションの評判としてもTwitterで書かれていて、 ビットステーションの独自仮想通貨「タオコイン」やアビードラージなどいろいろとあったようです。

これから、コインチェック同様にもっと大きな問題に広がりそうな気がしますね。

FSHOの業務停止命令の理由と原因とは?

FSHOでは、複数回にわたる高額の仮想通貨の売買にあたり、取引時確認および疑わしい取引の届け出が必要かを判断していなかったと指摘。また、取引時確認を検証する体制が整備されていないほか、職員向けの研修を実施しておらず、社内規則などにもとづいて運営されているとはいえないとしている。

この中でも仮想通貨の売買で、取引時の確認がないのはユーザーにとっては不安な部分ですよね。

仮に高額な仮想通貨の売買を間違って行ったとしても、確認が出ないと訂正できませんからね。

ネットで何かを購入するときは、だいたい購入前に何を購入したのかとか、金額の表示を確認する画面が出てきて、そこから再度購入をするのが一般的かなと思います。

ちゃんと確認しているつもりでも、うっかりしたミスはありますからね。

しかも、仮想通貨だと間違えましたでは済まない高額の売買もあるので、取引時の確認がないのは怖い部分です。

また、疑わしい取引の届け出がちゃんとしていないと、マネーロンダリング疑惑などいろいろと出てきますからね。

社内の規則や管理体制も問題にされているようなので、こういった部分は信用にも関わることなので、業務停止命令も止むえないのかなと思います。

まとめ

今回はビットステーションとFSHOの業務停止命令の原因や理由について書きましたが、この他にも5社が業務改善命令を出されています。

基本的にはセキュリティー体制、システム障害、ユーザーへのサポート体制、社内の管理体制、マネーロンダリング対策などで改善命令を受けている様子ですね。

今回の業務改善命令できちんと対策しない場合は、さらに重い処分もあり得るので、今後に注目したい部分ですね。

ただ、こういった金融庁からのチェックは今後の健全な仮想通貨取引所が増える良い機会になるので、悪い部分だけにフォーカスするのではなく、前向きに捉えたいなと思っています。

今までが放置し過ぎた面もあると思うので、しっかりと改善命令など対策して欲しいですね。

業務改善命令を指摘されていないおすすめの取引所
ビットバンク:イーサリアムやリップルが期間限定で手数料無料!

ビットバンクが2018/6/30まで、取引手数料無料のキャンペーンを実施しています。ビットコイン・リップル・イーサリアムを送金したい場合はビットバンクが今一番おすすめです!

初心者におすすめの取引所

仮想通貨は複数の取引所を開設しておく事がとても重要です。

①取引所によって取り扱う仮想通貨が変わるから。

②取引所によって仮想通貨の銘柄の手数料が異なります。これにより目的の銘柄によって取引所を変える事でお得に取引ができます。

③仮想通貨はハッキングなどのリスクもあり、1つの取引所より複数で売買する方がリスク分散になる。

このような理由からも、取引所の開設自体は完全無料なので、複数開設していた方が安心・安全です。

1位:bitbank(ビットバンク)


・仮想通貨の取り扱い銘柄が多く、アルトコインの手数料が安い!
・日本でも人気のリップルを購入するならビットバンクがおすすめ!
・2019年1月4日まで取引手数料無料のキャンペーンを実施中!
・セキュリティー対策をしっかりしている
・100を超えるテクニカル分析ができる

2位:BITpoint(ビットポイント)


・証券会社レベルの強固で安心なセキュリティ
・取引画面が見やすくて使いやすいので初心者にもおすすめ!
・現物取引手数料が無料!

3位:Zaif(ザイフ)


・ビットコインがマイナス手数料で安い!
・安定派におすすめの定期積立ができる!

おすすめの記事