2018年に入ってすぐ仮想通貨の大量流出や盗難事件が相次ぎましたが、やはり金額が大きくなればなるほど取引所に置いておくのは不安です。

「安全に保管したい…」と考える人が多くなったのも、この頃ですね。

資産に関する重要な問題なので、危機管理に意識を向けるのは非常に大切なこと。

そこで、より安全・安心に管理することができる、コールドウォレットと呼ばれるオフライン管理のウォレットが人気となっています。

送金時に多少の手間はかかりますが、インターネットと完全に遮断された環境下で、しかも自分の手元に置いて保管できるため、ハッキングされるリスクが極端に低くなり、セキュリティ面でとても優秀です。

このコールドウォレットには、秘密鍵(暗証番号のようなもの)を紙にプリントアウトする「ペーパーウォレット」タイプと、秘密鍵を暗号データ化して入れる「ハードウェアウォレット」の2種類が存在します。

ペーパーウォレットは、無料で秘密鍵を作成できるサイト(bitaddress.org)で、誰でも簡単に作ることが可能ですが、耐久性の不安や経年劣化の心配もあることから、長期保管用としてはあまり向いてはいません。

ペーパーウォレットを使うのであれば、例えば「500円分入金した紙をプレゼント用に配る」といった使い方が便利です。

やはり人気なのは、紛失や故障をしてもリカバリーフレーズと呼ばれるパスワードさえ分かれば、データを復元することが可能なハードウェアウォレット!

特に、仮想通貨時価総額ランキングで上位に入る「リップル(XRP)」にも対応している、「Ledger Nano S(レジャーナノS)」というハードウェアウォレットが大人気です。

とても多くの方に利用されている商品ではありますが、一点、購入する際に絶対に気を付けないといけない事があります。

今回はその知っておくべき内容と、Ledger Nano Sの安全な購入方法についてお伝えしていきます。

Ledger Nano Sの特徴

Ledger Nano Sは、フランスのLedger社が開発したハードウェアウォレットです。

特徴は以下の通り。

対応可能通貨の種類が多い

Ledger Nano Sは、仮想通貨に触れた人なら誰でも聞いたことのあるメジャーなコインから、かなりコアな人向けのマイナーコインまで、幅広い仮想通貨に対応しています。

そして1台のLedger Nano Sには、最大5種類の通貨を保管することが可能です。

唯一リップル(XRP)に対応しているハードウェアウォレット

人気のリップルに対応しているハードウェアウォレットは2018年4月現在、このLedger Nano Sだけなので、リップルを所有している人は必然的にこちらを使用することになります。

PINコードのシャッフル機能がついている

Ledger Nano Sは、パソコンに接続した際に4~8ケタの数字のパスワード(PINコード)を入力しなければなりません。

しかし、毎回同じ数字を入力していると、手元の動きで第三者にPINコードがバレてしまう危険があるため、表示される数字の順番をシャッフルし、ランダムになるよう設定が変更できます。

デメリット

リップルやビットコインだけ保有している人にはあまり問題ありませんが、現時点で時価総額ランキング上位に位置しているネム(XEM)には対応していません。

また、1台に複数のアカウントを作成する機能を設けていないことは、デメリットとして挙げられる点かもしれません。

ただ、日常で使っているお財布でも1人1つ自分専用を持つのが普通ですから、例えば1つのハードウェアウォレットに「家族全員分」として保管するなら、個人用とは別にもう1つ購入する必要がありますね。

ちなみに「マイニング報酬受取専用」や「取引決済専用」「貯金専用」など、複数のアカウントが作成できるハードウェアウォレットも多数存在していますから、用途別に応じてお選びください。

【Ledger Nano Sが対応している主な通貨】

BITCOIN ETHEREUM LITECOIN
FIDO U2F DOGECOIN ZCASH
DASH STRATIS RIPPLE
HELLO BITCOIN CASH KOMODO
ETHEREUM CLASSIC POSW ARK
EXPANSE UBIQ PIVX
VERTCOIN VIACOIN NEO
STEALTHCOIN BITCOIN GOLD STELLAR
HCASH DIGIBYTE QTUM

など、その数は2018年4月現在、27種類にも及び、今後も取り扱い仮想通貨は増える予定です。

Ledger Nano Sの購入は正規代理店経由じゃないと危険な理由

実際にLedger Nano Sを検索エンジンでリサーチしてみると、上位に表示されるのはヤフーショッピングやAmazonの販売サイトから、「正規品」と書かれた商品が表示されています。

そのため、「Amazonなら何度も購入経験があって慣れているし、送料もかからないですぐ届くから」と、つい何の疑いも持たず購入ボタンを押してしまいそうになります。

また、ヤフオクやメルカリなどのフリマサイトにも、「正規品」と謳った商品が出品されており、定価よりも安い値段で販売されています。

(2018年、メルカリではハードウェアウォレットの出品を禁止しているようですが、現在でもLedger Nano Sが出品されていました)

しかし、ちょっと待ってください!

この「正規品」の表示、結構な確率で落とし穴の可能性が高いんです。

例えばAmazonでは同じ商品でも、沢山の業者(個人含)から出品されています。

もちろん出品に際し審査などはありますが、悪徳業者は審査を簡単に逃れる術を持っているため、安易に信用するのは危険です。

商品自体は正規品でも、悪徳業者の手にかかると秘密鍵を予め設定され、何事もなかったかのように未開封・新品の状態で発送してきます。

その後、購入した人が仮想通貨を送金したのを確認して、そっくりそのまま全額送金されてしまう。

こんな嘘みたいな事件が、実際に何件も実際に起きているんですね。

新品で購入しているため、まさかそんな状態で出荷されているとは夢にも思いませんし、最初に届いた梱包状態や中身を見ても、細工を施されたものなのか見極めるのはかなり困難です。

未開封シールがないことについて

同じハードウェアウォレットでLedger Nano Sと共に人気のある、「Trezor(トレザー)」という商品があります。

こちらは改ざん防止の対策としてパッケージに未開封シールが貼ってあり、非常に強力な粘着力でなかなか剥がれない仕様のうえ、剥がすとシールの跡がくっきり残るようになっています。

これだと、一度開封して細工をすることは一見不可能に思えますよね?

開封した印があれば新品・未使用品ではないと容易に判断できますが、しかしLedger Nano Sには未開封シールが使用されていません。

なぜか?それはレジャー社の意図的な対策によるものでした。

いくら未開封シールが貼ってあったとしても、そんな細工はプロの手にかかればいくらでも攻略はできてしまうからです。

逆に未開封シールが貼ってあるから「100%大丈夫!」と、購入者が安心してしまうこと自体が「危険」と判断したため、未開封シールの採用には至らなかったそうです。

これは、確かに一理ありますよね。

そのため、限りなく安全なLedger Nano Sを入手するためには、「正規品」の文字や価格に踊らされることなく、やはり公式サイト、または正規代理店から購入するより選択肢はありません。

日本にあるLedger Nano Sの正規代理店

上記の理由から、Ledger Nano Sは公式サイト(正規代理店)で購入する必要性が「絶対」だと理解できたかと思います。

しかし、レジャー社の公式サポートは全て英語でしか対応しておらず、また注文してから手元に届くまでかなりの時間を要します。

また、万が一の返品手続きや問い合わせなども、当然英語での対応になるため、かなり面倒で手間がかかることが予想されます。

語学堪能であれば何の問題もありませんが、日本語しか話せない場合、諸々の手間を考えると正規代理店から購入するのが一番でしょう。

レジャー社が公式で認めている正規代理店、「株式会社EARTH SHIP(アースシップ)」経由で購入すれば、国内発送のため注文してから数日内に手に入れることができます。(※在庫がある場合に限る)

もちろんサポートは日本語なので、やり取りも非常にスムーズに行えますし、質問などの対応もとても早いです。

そして、本来取扱説明書も全て英語表記のLedger Nano Sですが、アースシップの公式サイトには日本語解説が掲載されているので設定も安心です。

「Ledger NanoS」の日本正規代理店は以下から購入することができます。

まとめ

Ledger Nano Sを海外の公式サイトで購入すると、現在日本円にして10,508円。

正規代理店のアースシップ購入だと15,800円。

アースシップの方が若干割高になってしまいますが、サポートなどの部分を考えると安心感が全然違いますから、余裕があれば正規代理店での購入をおすすめします。

また、アースシップでしたらクレジットカードや代引き、銀行振り込み以外にも、ビットコインや数種類のアルトコインでも支払うことができますので、仮想通貨を沢山持っている方は利用してみてはいかがでしょうか?

以上のことを踏まえると、約5,000円の差額もそこまで気にならないかも知れないですね。

何かあった時の「保険代」として考えれば、逆に安いかもしれないです。

最後に、早く手に入れておいて損することは一切ありませんから、自分の大事な資産を守るためにも、絶対に公式サイト、または公式が認めた正規代理店のみから購入するようにしましょう。お

初心者におすすめの取引所

仮想通貨は複数の取引所を開設しておく事がとても重要です。

①取引所によって取り扱う仮想通貨が変わるから。

②取引所によって仮想通貨の銘柄の手数料が異なります。これにより目的の銘柄によって取引所を変える事でお得に取引ができます。

③仮想通貨はハッキングなどのリスクもあり、1つの取引所より複数で売買する方がリスク分散になる。

このような理由からも、取引所の開設自体は完全無料なので、複数開設していた方が安心・安全です。

1位:bitbank(ビットバンク)


・仮想通貨の取り扱い銘柄が多く、アルトコインの手数料が安い!
・日本でも人気のリップルを購入するならビットバンクがおすすめ!
・2019年1月4日まで取引手数料無料のキャンペーンを実施中!
・セキュリティー対策をしっかりしている
・100を超えるテクニカル分析ができる

2位:BITpoint(ビットポイント)


・証券会社レベルの強固で安心なセキュリティ
・取引画面が見やすくて使いやすいので初心者にもおすすめ!
・現物取引手数料が無料!

3位:Zaif(ザイフ)


・ビットコインがマイナス手数料で安い!
・安定派におすすめの定期積立ができる!

おすすめの記事